鼻汗を抑える薬の副作用

鼻汗処方薬

鼻汗を抑える薬には、一般的に多汗症の薬として知られているプロバンサインと、グランダキシンがあります。
これらは、市販されていないため、医師の処方箋が必要です。

 

 

プロバンサインは神経遮断薬の一種で、抗コリン剤に分類されます。

 

汗をかくときは、交感神経からの指令をアセチルコリンという化学物質が伝達していきますが、
プロバンサインはこのアセチルコリンをシャットアウトする作用があります。

 

そのため、全身の発汗を抑える効果があります。

 

 

プロバンサインの副作用とは、

  • 口渇
  • 便秘
  • 胃腸障害
  • 目のかすみ
  • 眠気
などです。

 

これは、アセチルコリンが遮断されることで、アセチルコリンによって機能している全ての器官に影響を及ぼすからです。
そのため、心疾患や高血圧、緑内障のある人など、使用できない人もいますので、医師に相談してください。

 

 

グランダキシンは、自律神経失調の治療薬です。
多汗症は、自律神経のバランスを整えることで改善されることが多いため、症状によっては、グランダキシンが処方されることがあります。

 

グランダキシンの副作用とは、

  • 眠気
  • 倦怠感
  • ふらつき
などです。

 

抗不安薬の中では、非常に穏やかな作用で、副作用も少ないのが特徴です。

 
>>>鼻汗を抑える方法まとめ


厚生労働省認可。鼻汗を抑える顔専用の薬用クリーム

汗の量が約40%減った試験結果が出ている薬用成分「高純度パラフェノールスルホン酸亜鉛」が主成分です。

満足度91.7%
リピート希望率98.1%
  • 返金保証つき
  • 定期コース申込みであっても、いつでも解約OK

多くの場合
  • 朝のメイク下地
  • 外出先での急激な鼻汗を抑える
として利用する事が多いようです。
美容液成分で鼻汗を抑えるという理念で作られているので
長く使い続けられます。

【今月の公式キャンペーンページ】
>>http://salafe.com/特設キャンペーン