鼻汗ボトックス注射の副作用

筋肉の働きが弱くなる?

汗っかきの体質で特に顔全体・鼻汗など異様なほどの汗をかき悩む女性が対処法として選ぶのが、「ボトックス・ボツリヌストキシン注射」です。汗の元になる汗腺に働きかけることで汗量を減らす効果があり、施術時間はおおよそ5分程度で大きな腫れや痛みを感じないことで人気の高い方法です。

 

手軽な施術方法がゆえに、ボトックス注射の副作用とはどのようなものがあるのでしょうか。

 

まず考えられるのは注射針が細い血管を刺激してしまうことで起こる「内出血」です。もちろん専門医師も注意して施術を行いますがおおよそ1/10の確率で内出血が生じてしまうことがあります。通常でしたらいっ中間ほどすれば内出血は収まりますが、場合によっては深い内出血が起こり完治するまで2週間の時間を要する場合もあります。

 

また注射する部位によって深さ・箇所・成分量をを決定するのも医師の判断なので、信頼できる医師を選ぶことが重要です。ボトックスの量を過剰に注射し、筋肉の働きがかえって弱くなってしまったという副作用にもつながります。皮膚の違和感などの副作用が感じられ、長くても1〜2カ月ほどで消失するようですが、ボトックスの量を少なからず多すぎないバランスの良い適量を判断できる信頼ある医師を選びましょう。

>>>鼻汗を抑える方法まとめ


厚生労働省認可。鼻汗を抑える顔専用の薬用クリーム

汗の量が約40%減った試験結果が出ている薬用成分「高純度パラフェノールスルホン酸亜鉛」が主成分です。

満足度91.7%
リピート希望率98.1%
  • 返金保証つき
  • 定期コース申込みであっても、いつでも解約OK

多くの場合
  • 朝のメイク下地
  • 外出先での急激な鼻汗を抑える
として利用する事が多いようです。
美容液成分で鼻汗を抑えるという理念で作られているので
長く使い続けられます。

【今月の公式キャンペーンページ】
>>http://salafe.com/特設キャンペーン